虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
回るハシビロガモ

近所のため池のハシビロガモたちは、いつも輪になって回っています。(1月13日)

「か〜ごめ、かごめ〜♪」
「WAになって踊ろう〜♪」かな?
大きなくちばしだけ突っ込んでぐるぐるぐるぐる。大勢の輪もあるし、ペアや3羽くらいの輪も。
まわるハシビロガモ

仲良しペア。
ハシビロガモ♂♀

換羽中のオスとメスがぐるぐる。
ハシビロガモ♂♀

まだ頭も体も黒いオスも。
ハシビロガモ エクリプス

これはぴかぴかの冬羽のオス。
メスを1羽引き連れて移動中でした。
ハシビロガモ♂

私が邪魔だったのか、みんなで池の上を旋回して、さようなら。(同日15時43分)
この辺りは、ため池が多いので、カモたちも気楽に居場所を変えているようです。
ハシビロガモ飛翔

背景が微妙ですが、飛翔姿をもう一枚(^_^;)
ハシビロガモ飛翔

JUGEMテーマ:野鳥


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

飛ばないアメンボ

もうすっかり秋も深まったのに、アメンボのお話です(^_^;)

雨が降った後の水たまりにアメンボの姿を見ることがあるので、、
アメンボはみんな空を飛べるんだと思っていました。


よく見るアメンボはこんな感じですね。
この形のアメンボも調べるといろいろな種類があるようです。(アメンボ、ヒメアメンボ・・・)

上の子「アメンボって脚が4本に見えるよね。」
下の子「昆虫だから6本に決まってんじゃん。」
私  「カマが脚なんじゃない? あ、カマキリとおんなじパターン?」
アメンボ

いつもの田んぼの用水路でアメンボを探してみました。
小さなアメンボが集まっている中で、1匹が別の1匹にアタックアタックを繰り返していました。
シマアメンボ

交尾した!!
恥ずかしながら、わたくし、この小さなアメンボは、よく見かけるアメンボの子どもなのかと思っていました(^_^;)
調べてみると、シマアメンボという別の種類のアメンボでした。
翅もないのに、これで立派な大人です。翅がないから飛びません。
シマアメンボ

こんな体色のもいました。
秋になると翅のあるものも出てくるそうですが、長翅型はこの用水路にはいませんでした。
シマアメンボ

≪シマアメンボ≫ カメムシ目アメンボ科ウミアメンボ亜科
◇生息場所:主に山地の渓流。平地のわき水の流れなど。必ず流れがある場所に棲む。
◇特徴:とてもすばやく泳ぐ。ほとんどの個体が、翅のない無翅型。秋以降に翅の生えた長翅型が出現する。
◇時期:6〜12月。関東ではアメンボの中で、もっとも遅くまで越冬せずにいる。まれに3月中に出現。
◇分布:北海道(南部)、本州、九州、四国、対馬、奄美大島
◇えさ:水面に落ちた虫やクモの体液


アメンボの詳しいサイトを見つけました。「アメンボ研究室」はこちら
アメンボはカメムシの仲間で、卵から幼虫(1〜5齢)、成虫へと不完全変態。幼虫は翅がありません。
関東では年に3回発生して、成虫で越冬するようです。

おまけですが・・・、
昔撮ったオオアメンボ(たぶん)セスジアシナガサシガメの写真です。

田んぼの作業中に子どもが泥の中で見つけて、あんまり大きいのでアメンボとは思わず、記念撮影をしたものです。
水面にいないと、アメンボもイメージが変わりますね。
オオアメンボは水面が木陰に覆われた緩やかな流れを好むそうです。

※追記  これは、アメンボではなくて、サシガメの仲間でした。
セスジアシナガサシガメ

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

ゲンゴロウって鳴くの?

お墓参りの帰りに、ハイイロゲンゴロウを捕まえてきました(^_^;)

お墓の横に、きれいに整備された池と芝生広場があって、今まで虫とりなんて考えたこともない場所です。
たまたまギンヤンマが飛んでいたので、池の隣の水たまりをのぞくと・・・。
ハイイロゲンゴロウが交尾していました。
水たまりの出所をたどっていくと、山からの湧水でした。

さっそくアミで採集。ヒメガムシも採れました。

ハイイロゲンゴロウのいた水たまり

ハイイロゲンゴロウ泳ぎ
おなかに貯めた空気がお尻からちょこっとのぞいています。
ものすごく忙しそうに泳いでいます。

ハイイロゲンゴロウは飛ぶのが上手でした。
水面まで来ると、あっという間に空に飛んでしまいます。
油断して観察箱を覗き込んでいて、一匹逃がしてしまいました。

結構かわいい顔をしています。
ハイイロゲンゴロウ背中ハイイロゲンゴロウ顔

ちゃんと獲物に突き刺すことのできる口。
ハイイロゲンゴロウおなか

採集した日の夜、暗いところに観察箱を置いておいたら、
なんと「モオ〜」という鳴き声がしました。
「メエ〜」という意見もあり。
ゲンゴロウって鳴くんでしょうか?
それとも、1匹だけ連れてきたヒメガムシの鳴き声でしょうか?

希少種が多いゲンゴロウの仲間の中で、
ハイイロゲンゴロウは劣悪な環境や小さな水たまりににも生息できる普通種とのこと。
でも、初めてのゲンゴロウだから大喜び。

連れて帰ったハイイロたちも長距離移動のストレスもなんのその。
1匹の脱落もなく、元気一杯に泳いでいます。

おまけですが・・・。
赤ちゃんグモを背負うコモリグモです。
抱っこひももないのに、よく落ちないものですね。
コモリグモ


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

卵を背負うコオイムシ

そろそろコオイムシが卵を背負っている時期だと思い、いつもの田んぼに遠出してきました。

子どものころ、虫に特に興味がなかったのに、家の昆虫図鑑を見て憧れていたものがあります。
1.オオムラサキ
2.カブトムシの羽化
3.卵を背負うコオイムシ
4.オオミズアオ
どうしてかと言われても、説明できませんが・・・。
あとご対面していないのはコオイムシだけなんです。

で、今はそのコオイムシが卵を守る時期なんです。
去年は7月20日ごろ行って、もう生まれてしまった幼虫ばかりでした。

今年は卵を背負った姿が見られるのか?
続きを読む >>


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ