虫散歩

ようこそ♪ 身近な虫やクモ、鳥などを探しながらの散歩日記です。
2010年春以前の記事は神奈川県、以降は愛知県での観察です。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
PR
RECENT COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド)
日本のクモ 増補改訂版 (ネイチャーガイド) (JUGEMレビュー »)
新海 栄一
この本があったから、クモ探しが好きになりました。2017年2月に増補改訂版が出ました。
RECOMMEND
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003
双眼鏡 PAPILIOII6.5×21 WF ポロプリズム 6.5倍 有効径21mm 62003 (JUGEMレビュー »)

虫も鳥も野球も、よく見える双眼鏡です。倍率も手ごろで、50cmから焦点が合うので、双眼鏡が初めての子どもでもすぐに使いこなせます。
RECOMMEND
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET) (JUGEMレビュー »)
船曳 和代,新海 明
クモの網標本の第一人者である船曳和代さんの本です。
標本の完成度もさることながら、イラストもわかりやすいし、研究者の新海先生のコメントもとても興味深いです。
RECOMMEND
虫の巣 (ずかん)
虫の巣 (ずかん) (JUGEMレビュー »)

うちの子たちが小さい時にこんな絵本があったら、楽しかったと思います。クモの住居も載っています。
RECOMMEND
さなぎ (ずかん)
さなぎ (ずかん) (JUGEMレビュー »)
鈴木 知之
観察や飼育をしていても、こんな風にさなぎの姿を目にすることは難しい。普段見えない部分を垣間見ることができる面白い図鑑だと思います。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

写真ではなくイラストなので、識別ポイントがよくわかります。
初心者の私にも親切な図鑑。
MOBILE
qrcode
 
ヒロオビジョウカイモドキのコーリング
 
ヒロオビジョウカイモドキのメスがコーリングしていました。

この虫は雑木林の葉先でエサを探していつも忙しそうに歩き回っています。
上手くコントロールできなくていつも取り逃がし(撮り逃がして)ばかりでした。
今回桜の葉裏にいたメスは、私が何をしてもほとんど動きませんでした。(2017.9.2.23:00)

桜の葉が重なったところに隠れていたヒロオビジョウカイモドキのメス。
きれいな虫ですが、とにかく小さいので、私の肉眼ではよく見えません。
ヒロオビジョウカイモドキ♀

まったく動かないので何をしているのか確認してみたら、お尻から産卵管が出ています。
コーリングをして、オスを呼んでいるところだったようです。
ヒロオビジョウカイモドキ♀

念のために葉っぱの表面の写真も撮ってみましたが、産卵らしき痕跡はなさそうです。
葉の表面

お顔拝見。
ヒロオビジョウカイモドキ♀

散々撮らせてもらっても、やっぱりその場を動く気配はありませんでした。オスが来る気配もありませんでした。
ヒロオビジョウカイモドキ♀


今年の夏に撮ったヒロオビジョウカイモドキの写真を見返してみましたが、すべてメスの個体でした。
特徴的な触角を持ったオスのヒロオビジョウカイモドキを見たことがないのですが…。

8月上旬にノコギリカミキリがコーリングしているのを見かけましたが、あの時はカメラを向けたらさっさと逃げられました。

JUGEMテーマ:昆虫写真




にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

初カブト

裏山で今年初めてのカブトムシに会いました。

特に探そうと思っていないので、毎年ほとんど会うことはありません。
幼虫はたくさんいるので、羽化した後どこに行ってしまうのでしょう?

アベマキのウロでカブトムシが交尾中。(7月27日8時)
周りには、カナブン、キマワリ、ヨツボシオオキスイ、コクワガタなどの姿がありました。
カブトムシたち

上の場所はこんな木。
教科書通りのカブトムシ探索スポット。ここは私が知る限りでは10年以上毎年自然に樹液が出ています。
裏山に降った雨がちょうど貯まる場所に生えているので水分が豊富なのではないかと思います。
カブトムシたち

JUGEMテーマ:昆虫写真


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

カブトの幼虫

そういえば、カブトの幼虫は大きくなったかな?
いつも行く森の横にある堆肥置き場をのぞいてきました。


子どもが小さい頃、「カブトの幼虫はどこにいるんだろう?」って、森の落ち葉の下をむやみに掘っていたことがあります。
堆肥置き場やシイタケのほだ木捨て場に行けば、うじゃうじゃいます。
森の隣りの畑の方によると、「夏になるとカブトが畑からでてくるから穴だらけになっちゃうのよ〜。」とのこと。
いるところにはいっぱいいるのがカブトムシです。

それに比べて、木材を食べて育つクワガタはそれほど大量発生しにくいようです。
都市部では、朽ちたクヌギやコナラの木がそのまま放置されている森は少なくなっています。
人の多い公園だと、クワガタ探しのために朽ち木が割られているのをよく見かけます。
私たちも、もう朽ち木割りをして幼虫を探すのはやめました(^_^;)

落ち葉のプールを掘ってみました。
だいぶ葉っぱが朽ちたところに3令幼虫がいっぱいいました。
カブトムシの幼虫

顔はこんな感じです。
立派な大あごの下に小あごがあります。眼は触覚の付け根にありますが、明るさが分かる程度だそうです。
カブトムシの幼虫

横から見るとこんな感じ。
丸々として大きくなっています。
体の横にある茶色い点が気門。呼吸する穴です。
カブトムシの幼虫

家でもカブトの幼虫が生まれますが、初期段階に上等なマットで育てないと大きな幼虫になりません(^_^;)
この堆肥置き場は、森の葉っぱを貯め込んだだけのものなのですが、
毎年、ここの幼虫はうちの幼虫より早く成長して大きくなります。
何が違うんでしょうか? 発酵する時の熱でしょうか?

カブトの森もすっかり黄色い森になりました。
夏の間、かぶれるから邪魔にしていたウルシも赤く色づいていました。
紅葉
JUGEMテーマ:昆虫写真



にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

山梨のクヌギ

山梨へクワガタ探しに行ってきました。
今回は新しいところを探してみようということで、
最初に行ってみた公園でびっくりびっくりびっくり

車から降りたとたん、樹液のにおいがぷんぷん。
おーーー。樹液出てるよ!
と、勇んで探索開始。
すると3本に2本くらいの割合で樹液が・・・。
続きを読む >>


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ

初カブ・初クワ

はじめまして。

虫探しをしながら散歩するのが好きなので、虫とり日記のようなものを書いていこうかと思います。
ホームページ(虫コイ)にもお立ち寄りください。

今日は、ちょっと用事があってついでにいつもの森を下見。
ノコギリクワガタ目当てだったんですが、早速果樹園でカブト発見。

朝遅い時間はもうカブトはもぐってるんだけど、このカブトは元気に交尾中でした。
この森の初カブはいつも7月に入ってからなので、今年は早いのかな?
続きを読む >>


にほんブログ村のランキングに参加しています。もしよろしければ、どれかボタンをポチっと応援クリックお願いいたします。
ボタンの内容の他の皆さんのブログも見られます。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ